仕事内容

1 設備設計

水と空気にかかわる建設設備について、建築の構造・用途・意匠に合わせて最適な設備を設計します。
建築物の室内空間に最適性、機能性、安全性、利便性を創造します。

2 許可申請

現場を調査し、業務に関わる許可申請書類を制作し、市役所や消防署・警察署などの各種官公庁に提出します。

3 現場管理

現場調査で事前に問題点を整理し、施工図や各種管理書類を作成します。
現場において他業者との打合せ・施工指示等を行い工程や品質の管理・記録を行います。
また、資機材の準備等を行い、現場を統括・サポートします。

4 現場施工

設計に基づき、大型重機や専門工具を用いて各種配管を敷設・機器類を接続・設置します。各現場の工種・工程に合わせて複数の現場を施工します。実際に手をかけた仕事が形として後世に残る、ものづくりのやりがいを直接実感できる仕事です。

5 メンテナンス

機器の点検作業を行い、水まわり・エアコンのトラブル対応や修理・取替えなどを行います。

働く環境と制度

三栄では、新入社員研修、フォローアップ研修、職場内研修があり、社員の継続的な成長を後押ししています。
また、必要な資格取得に対する補助・支援を行っております。
資格取得例として、施工管理技士(管・土木・電気・建築)・給水装置工事主任技術者・排水工事責任技術者・消防設備士・浄化槽設備士・液化石油ガス設備士等があります。


先輩社員の声

手に職をつけよう

建築設備業の世界では、技術と質と正しい判断が問われるうえに、「職人歴」が説得力やその人の価値に大きく影響してきます。
キャリアの長さは、「どのくらいの期間、その仕事を追求してきたか」を判断する分かりやすい尺度です。


ルーキー

様々な現場で得た技術、経験は一生モノの財産だと思います。これからの時代どんな企業に勤めていても「一生安心」と言えない時代になっていくと思います。そんな時、専門的な職務能力が身についていれば、雇用や給与が安定します。それは自分自身の将来の為にもなりますし、一人ひとりの社員の能力向上は会社の為にもなると思います。その一歩として、まずはコミュニケーションを大切にし、職場の環境、現場の環境に慣れることが第一だと思います。

ベテラン

手に職をつけるとは、技術を身につけることだと考えています。そして身につけた技術で会社へ貢献していくことが「手に職をつける必要性」だと思います。そして、手に職をつけておけば、一度身につけた技術は消えず、いつまでも使えて自分の役に立ちます。この仕事というのは奥が深く、多くの分野(空調・衛生・土木等)に携わるため、学ぶべきことがたくさんあります。1つ1つ学んで資格を習得しながら仕事をしていくことができればよいと思います。

募集要項